智依ちゃんから教えてもらったリモートパパ活は、自宅にいながら気軽に出来る収入方法です。
またコロナの感染リスクが高い状態。
そのため、お店にも、お客さんがあまり足を運んでくれない。
結果出勤制限まで出され、私の収入も大きく減ってしまっています。
その減った収入を補うべく、友人から教えてもらったオンラインパパ活に手を出しました。
今でもオンライン飲みは、需要が高くアプリの中には求める男性が沢山います。
出会いの気配は、かなり色濃いものがあると言えるかもしれません。

 

 沢山の男性に声をかけたり、私も掲示板の投稿を繰り返しました。
やりとりには成功します。
無料通話アプリを利用して、お酒を一緒に飲むことにもなります。
ただ、すべてがギャラ飲みにはならずに、すべて支払いありというわけにはいきませんでした。
それでもアマゾンギフト券で、1万や2万円を支援してくれる男性も、ちょっとずつ現れたりしました。
お金恵んでくれる人は、確実にいる世界ですから、粘り強く募集を続けていきました。

 

 ワクワクメールで、やりとりに成功しました。
投資家の51歳の男性です。
上尾さんとの飲みには、大きな期待を感じられました。
収入は現在でも安定している様子。
コロナの影響を受けていないので、ゆとりを持っている雰囲気が伝わってきました。
焼酎をロックで飲み、私とのお喋りに花を咲かせてくれました。

 

 仕事上の話になるのは、当然の成り行きだったりします。
現在、私の置かれている立場を、それなりにリアルに、ちょっと哀れみを感じるような感覚で伝えていったところ今回の飲みで少し支援するという話が出ました。
その金額は3万円。
これも大きな収入です。
さらに「定期飲み可能?もちろん都度払いするよ」とまで言ってくれました。
こういう瞬間、何度経験しても心が弾んでしまうものがありました。