緊急事態宣言が終わっても、コロナの影響が引き続きありました。
やっとお店が再開できたのに、客足が伸びないのです。
その理由として、コロナが完全に終わったわけではない。
緊急事態がなくなったところで、3密回避は続けなければいけません。
現在でも、感染者が多く報告されています。
そのために、お客さんがほとんどやってこないのです。
そのため、ついにママが出勤制限という決断を下したのでした。
仕事が再開して、従来通りの収入が戻ってくると思っていただけに、ショックは絶大でした。

 

 お金あげます掲示板で、大きな収入を得たい。
無償支援してもらいたい。
そう思い付きました。
世の中には富裕層もいて、社会貢献のため困っている人に支援する方がいると話は聞いたことがあります。
お金恵んでくれる人を見つけられるかもしれません。
完全無料だし、登録も必要ない。
とても気軽に募集出来る場所です。
使ってみることにしました。

 

 お金を助けて欲しいと投稿すると男性からのメールは届きました。
ですが、アダルトな要求をされてしまいました。
さすがに、そういうことに手を出したいと思いません。
スルーしていくことにしました。

 

 その後も、お金を助けて欲しいと掲示板の利用を続けたのですがアダルトな関係を求めるメールがとても多くありました。
それで本当に金銭支援してもらえるかも分らず、怖い気持ちもあり掲示板利用を中止しました。

 

 智依(ちえ)ちゃんは、高校時代の友人です。
彼女も仕事が減って、暇な時間を持て余していたようでした。
暇つぶしのお喋りを楽しむことになったのですが、すごく有益な情報を聞かされることになりました。
オンライン飲みで収入が得られると言うのです。
「コロナの影響でオンライン飲み会が流行ったじゃない。あれを使って収入にしてるの」
オンラインキャバというサービスをヒントに、彼女が自分でやり始めたのだそうです。
「オンラインパパ活なら安全でしょ。これで収入を増やしている」
気が気じゃない気分になっていきます。
そういう方法で収入が得られるのなら最高。
「パトロンみたいになることもあるんだよ。定期で飲んでお金の支援してくれるの」
頭が変になってしまいそうなくらい、彼女の話に興味を持ってしまいました。